ストレスと多汗症

ストレスと多汗症の関係性について

 

多汗症の原因の一つがストレスと言われています。現代社会を生きている人は、多少なりストレスを日々感じて生活をしていますが、多汗症とストレスの関係性というのはどのようなものがあるのでしょうか?身体のさまざまなコントロールを行っている神経に、自律神経があります。交感神経と副交感神経があり、この二つの神経がオンとオフを繰り返すことによって、人は活動をしたり休息をしたりしています。活動する時には交感神経が優位になり働いています。ストレスを感じている時のもこの交感神経が優位になります。交感神経が優位になっている時というのは、身体全体が熱を発している状態になりますので、実は汗腺の働きも活発になります。多汗症の方の場合、このストレスの感じ方がとても過敏で、交感神経も敏感です。そのため、ストレスを感じるとすぐに交感神経が活発になり、汗腺の働きが活発化して、多量の汗をかいてしまうということが多いと言われています。ただ、ストレスに過敏な方でも交感神経が敏感ではない場合には、多汗症になることがないので、全ての人にこれが当てはまるわけではないんですよ。

 

アセッパーの口コミ

アセッパーは、果たして更年期障害による発汗にも効果があるのでしょうか。その辺のところを解説すると、それなりに効果はあるようです。アセッパーにはポリフェノールが豊富に入っているので、更年期になってから汗の量が増えた人にも功を奏します。急に汗が噴き出したり、顔がのぼせたりするのが、やっかいな更年期障害の症状です。いわゆるホットフラッシュというもので、更年期の特徴の一つになります。シャンピニオンエキスが配合されているアセッパーには、更年期障害による発汗にも効果があり、大量の汗をかかなくなります。アセッパーには大豆イソフラボンが配合されていて、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。大豆イソフラボンを摂取することは、更年期障害の緩和効果があるのです。大量に汗をかいたり、顔がのぼせたり、体臭が気になるのは、更年期障害の疑いが強いです。しっかり改善するには、病院の飲み薬のほうがよいのですが、病院にいくほどでもなく、更年期障害用薬を飲むのにはまだ抵抗がある場合は、アセッパーを選ぶとよいでしょう。

 

 

男性の体の悩み解決におすすめのノコギリヤシサプリ

続きを読む≫ 2016/01/19 18:35:19

多汗症の汗はストレスや緊張といった精神的な要因によって起こる多量の汗が特徴的です。この汗を少しでも抑えるためのセルフケアを紹介したいと思います。まずは食生活を改善してみましょう。食べ物の中には汗をかきやすいものと汗をかきにくいものがあります。この汗をかきやすいものの摂取を控えることでも、多量の汗をかかずに済むと言われています。まず一つは香辛料です。辛い物=汗をかきやすい物になります。辛いものが好きという方も多いかもしれませんが、控えてみてください。ハンバーガーなどのファストフードは動物性脂肪がおおく体温を上昇させやすいという傾向があります。そのため、汗をかきやすく、さらにくさい汗をかきやすいという特徴があります。多汗症の汗だけではなく、体臭を気にしているという人にとっては、このファストフードを避けてみることはおすすめです。実は乳製品についても、ファストフードと同じように動物性脂肪が多いということで多汗症の方は控えた方が良い食材ということになります。同じたんぱく質でも、豆類というのは植物性になりますので、おすすめです。

 

手のひら多汗症の原因

続きを読む≫ 2016/01/19 18:33:19