多汗症のセルフケア方法

多汗症のセルフケア方法について

多汗症の汗はストレスや緊張といった精神的な要因によって起こる多量の汗が特徴的です。この汗を少しでも抑えるためのセルフケアを紹介したいと思います。まずは食生活を改善してみましょう。食べ物の中には汗をかきやすいものと汗をかきにくいものがあります。この汗をかきやすいものの摂取を控えることでも、多量の汗をかかずに済むと言われています。まず一つは香辛料です。辛い物=汗をかきやすい物になります。辛いものが好きという方も多いかもしれませんが、控えてみてください。ハンバーガーなどのファストフードは動物性脂肪がおおく体温を上昇させやすいという傾向があります。そのため、汗をかきやすく、さらにくさい汗をかきやすいという特徴があります。多汗症の汗だけではなく、体臭を気にしているという人にとっては、このファストフードを避けてみることはおすすめです。実は乳製品についても、ファストフードと同じように動物性脂肪が多いということで多汗症の方は控えた方が良い食材ということになります。同じたんぱく質でも、豆類というのは植物性になりますので、おすすめです。

 

手のひら多汗症の原因